宅配便が自宅に届くまで

荷物が届くまでの流れを確認する

頻繁に通販を利用する人

商品を注文すれば、ダイレクトに自宅まで届くわけではありません。 発センターや着センターという場所を通って、届けられます。 荷物が移動する距離は、送料や手数料に関係します。 できるだけ安く済ませたいなら、お店ができるだけ近くにある通販サイトを利用しましょう。

いろんな場所を経由する

お店に足を運ばなくても欲しいものが手元に届く通販は非常に便利です。
サイトで注文すると、まず荷物は発センターという場所に届けられます。
そこから最寄りの着センターという場所に届けられます。
そしてトラックに荷物が積み込まれて、自宅に届くという仕組みになります。
そのようにいろいろな場所を経由して、荷物が届けられています。
どんなに遠いお店の商品を注文した場合でも、届けてくれるので助かりますね。
ただ宅配便を利用する場合は、送料や手数料が発生します。
運ぶ距離が長くなると、それだけ料金が高くなります。

せっかく荷物が届けられても、荷物を受け取ることができないと業者は持って帰ってしまいます。
再配達を依頼するのは面倒なので、宅配ボックスを利用するのが良い方法です。
自宅に宅配ボックスがあれば、留守にしている時は、そこで荷物を受け取れるので、宅配業者もまた足を運ばずにすみます。
よく通販を利用する人は、備えていた方が良いですね。

配達する日を選択するのも、良い方法です。
平日は自宅にいない時間が多いので、荷物を受け取れません。
ですが休日であれば、荷物を無事に受け取れる人が多いです。
通販サイトを利用する際に、配達日時を指定できるなら設定してください。
自分が確実に自宅にいる時間を選択しましょう。
再配達をお願いするということは、宅配業者の人がまた届けにきてくれるということですが、それだけ手間をかけるということを忘れないで下さい。
工夫して、1回で荷物を受け取れるように心がけましょう。

宅配ボックスがあれば便利

仕事に言っている時に荷物が届くと、回収されてしまいます。 再配達を依頼するのは面倒なので、いつでも荷物を受け取れるよう宅配ボックスを設置しておきましょう。 それなら、自宅にいない時でも荷物を受け取れるので便利です。 再配達の連絡を、し忘れることもないでしょう。

時間を選択できる場合

配達してほしい時間を、自分で選択できる通販サイトがあります。 平日は仕事が忙しく荷物を受け取るタイミングがないなら、休日を選択してください。 午前中や午後、夜など時間帯も細かく設定しましょう。 希望すれば、その時間に荷物を配達しに来てくれるはずです。

TOPへ戻る